読売新聞オンライン

メニュー

首相「延長は心苦しいが大事な時期、国民の皆さんのご協力を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

緊急事態宣言の延長などについて話す菅首相(12日午後、首相官邸で)=早坂洋祐撮影
緊急事態宣言の延長などについて話す菅首相(12日午後、首相官邸で)=早坂洋祐撮影

 菅首相は12日夜、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が今月末までの延長期間に入り、東京、大阪など4都府県に愛知、福岡両県が加わったことについて、「延長は大変心苦しい思いだが、一番大事な時期だ。国民の皆さんのご協力をお願いする」と述べ、感染対策の徹底を呼びかけた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。新型コロナワクチンに関しては、「市町村をサポートし、全ての皆さんが一日も早く接種できるよう取り組みたい」と強調した。

 一方、首相は「デジタル庁」の創設を柱としたデジタル改革関連6法が成立したことを巡り、「長年の懸案だった、我が国のデジタル化にとって大きな歩みになる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2046899 0 政治 2021/05/12 20:00:00 2021/05/12 22:29:08 2021/05/12 22:29:08 記者団に話をする菅首相(12日午後7時2分、首相官邸で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210512-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)