読売新聞オンライン

メニュー

「まん延防止」5県適用案、政府が分科会に提示…16日から6月13日まで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は14日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を、群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県に適用する案を、専門家でつくる基本的対処方針分科会に示した。期間は16日から6月13日。

基本的対処方針分科会であいさつする西村経済再生相(前列右)、同左は尾身会長(14日午前、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影
基本的対処方針分科会であいさつする西村経済再生相(前列右)、同左は尾身会長(14日午前、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影

 適用が必要だと判断されれば、政府は14日中に対策本部を開いて正式決定する。

 重点措置は現在、今月末を期限として、北海道、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重、愛媛、沖縄の8道県に適用されている。

無断転載・複製を禁じます
2050582 0 政治 2021/05/14 07:29:00 2021/05/14 08:51:39 2021/05/14 08:51:39 基本的対処方針分科会であいさつする西村経済再生相(右)、左は尾身会長(14日午前7時9分、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)