ワクチン、9月までに5000万回分の追加供給…米ファイザーと正式契約

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田村厚生労働相は14日、米製薬大手ファイザーとの間で、新型コロナウイルスワクチン5000万回分の追加供給を9月までに受ける契約を正式に結んだと発表した。4月に菅首相が米国訪問した際、同社幹部との電話会談で、追加供給を受けることで実質合意していた。

大阪府で新たに2万5296人コロナ感染、過去2番目の多さ
田村厚労相
田村厚労相

 これに関連して、政府は14日、新型コロナウイルスワクチンの購入費として、2021年度予算の予備費から5120億円を支出することを閣議決定した。政府はファイザーのほか、22年に米モデルナから5000万回分、米ノババックスから1億5000万回分のワクチンを購入する方向で協議しており、これらの購入費に充てる。

 21年度予算で5兆円を計上した新型コロナウイルス感染症対策予備費は、今回の支出で残り3兆9880億円となる。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2052795 0 政治 2021/05/14 20:31:00 2021/05/14 23:25:29 2021/05/14 23:25:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)