読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相、五輪パラ「安全・安心の大会実現は可能」…行動制限の違反「強制的退去を命じる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見する菅首相(14日午後、首相官邸で)=若杉和希撮影
記者会見する菅首相(14日午後、首相官邸で)=若杉和希撮影

 菅首相は14日夜、首相官邸で開いた記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックについて、「国民の命や健康を守り、安全・安心の大会を実現することは可能だ。しっかり準備をしていきたい」と述べ、予定通り開催する方針を重ねて強調した。

 開催にあたっては、来日した大会関係者らと国民が交わらないようにするほか、滞在先には特定のホテルを指定するなど、専門家の意見も踏まえて新型コロナウイルス対策を徹底する考えを改めて示した。首相は、「行動制限の違反には、強制的に退去を命じることを検討している」とも語った。

 選手らが新型コロナに感染した場合の専用病床の確保について、首都圏の知事らが難色を示していることについては、「地域医療に支障を来さないよう調整をしている」と述べた。

 首相は、米製薬大手ファイザーなどの新型コロナワクチンが、各国・地域の選手団に無償提供されることにも言及した。

無断転載・複製を禁じます
2053154 0 政治 2021/05/14 22:54:00 2021/05/14 22:54:00 2021/05/14 22:54:00 記者会見する菅首相(14日午後8時、首相官邸で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)