読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「このままの案ではもちません」と訴えた西村氏…「仕方ない」と首相、政府案を出し直し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「このままの案ではもちません」

 閣議直前の14日午前8時20分頃。西村経済再生相は首相官邸4階の閣僚応接室で、田村厚生労働相と加藤官房長官にそう訴えた。

基本的対処方針分科会に臨む西村経済再生相(左から3人目)(14日午前、東京都千代田区で)
基本的対処方針分科会に臨む西村経済再生相(左から3人目)(14日午前、東京都千代田区で)

 「このままの案」とは、西村氏が午前7時に始まった基本的対処方針分科会で示した政府案を指す。群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を「まん延防止等重点措置」に追加するものだ。

 しかし、分科会では、委員から「手ぬるい」との異論が相次いだ。西村氏は閣議のために分科会を中座したタイミングで、官邸の判断を仰ぐことにした。閣議前の閣僚はふつう、着座して静かに菅首相の入室を待つ。額を寄せ合って立ち話をする西村氏ら3人の姿は、突発事態の発生をうかがわせた。

 与党への当初案の根回しを13日に済ませており、西村氏は週末に仕切り直すことも覚悟していた。閣議後、さっそく首相を交えて協議が始まった。「専門家がそこまで言うなら仕方ない」。首相の一言で、北海道を含む3道県を緊急事態宣言の対象に加える修正案が急きょ決まった。分科会の前身である基本的対処方針等諮問委員会を含め、政府案を出し直すのは初めてのことだ。

[スキャナー]「宣言該当」訴え噴出 緊急事態追加

残り:1892文字/全文:2530文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2053298 0 政治 2021/05/15 05:00:00 2021/05/15 12:48:58 2021/05/15 12:48:58 基本的対処方針分科会に臨む西村経済再生相(左から3人目)(14日午前7時2分、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)