読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

民間志向強い理系学生、人事院が初の採用イベント…技術系公務員の人材確保へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人事院は、理系の大学生や大学院生を対象にした国家公務員の採用イベントを今秋、初めて開催する。理系の学生は文系に比べて民間志向が強く、技術系公務員の仕事を知ってもらうことで人材の確保につなげたい考えだ。

人事院
人事院

 主な対象は、就職活動が本格化する前の大学3年と修士1年で、工学部や理学部などに在籍する学生。インフラ整備などの土木工事現場やIT関係の技術職が働く職場を訪問し、業務内容を体感してもらう予定だ。

 9月に発足するデジタル庁や、国家公務員総合職で2023年春の採用から新設される「デジタル」区分に関する説明にも力を入れる。人事院によると、昨年度の国家公務員総合職試験に申し込んだ理系学生は4174人で、申込者全体の約20%だった。現在の試験制度になった12年度は約25%で、割合は年々減っている。

無断転載・複製を禁じます
2056509 0 政治 2021/05/17 00:22:00 2021/05/17 00:22:00 2021/05/17 00:22:00 人事院。東京都千代田区霞が関で。2020年11月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210516-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)