外交団車両の駐車違反「未払い」に対抗…ガソリン税の免税証明出さず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は、日本駐在の外交団が駐車違反の反則金納付に応じない場合、対抗手段としてガソリン税の免除を認めない措置を始めた。

外務省
外務省

 反則金の支払いを拒む者は財産差し押さえなどの処分を受ける。しかし、外交官は外交関係に関するウィーン条約に基づく外交特権で差し押さえを免れている。「違反に対する事実上の罰則がないことが未払いにつながっている」(外務省関係者)という。

 そこで、外務省は反則金未納となっている車両には、外交団向けのガソリン税の免税証明書を発行しないことにした。未納を繰り返す悪質な車両には、個別に注意喚起する方針だ。

 国内で登録されている外交団車両は約2000台。反則金未納のまま時効を迎えた件数は2018年度が3118件(4677万円)、19年度は2736件(4104万円)に上る。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2070859 0 政治 2021/05/22 19:46:00 2021/05/22 22:51:53 2021/05/22 22:51:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210522-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)