読売新聞オンライン

メニュー

官房長官、宣言解除後は「まん延防止措置あり得る」…五輪開催にも意欲

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

加藤勝信・官房長官
加藤勝信・官房長官

 加藤官房長官は29日の読売テレビの番組で、緊急事態宣言発令中の10都道府県について、来月20日の解除後に宣言に準じる「まん延防止等重点措置」を適用することは「選択肢として十分あり得る」と述べた。

 東京や大阪など10都道府県の療養者数や新規感染者数は、感染状況の指標で最も深刻な「ステージ4」が多い。宣言解除後も重点措置などの対策を講じ、長期的に取り組む必要があるとの見方を示したものだ。

 一方、加藤氏は、今夏の東京五輪・パラリンピック開催に意欲をみせた。感染拡大防止のため、五輪に合わせて各国首脳が来日する際には「できるだけ(同行)人数を制約してもらう」とし、「専用の車で(移動し)、宿泊するところも限定するなど、それぞれの大使館で責任を持ってやってもらう」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
2086646 0 政治 2021/05/29 19:05:00 2021/05/29 20:20:30 2021/05/29 20:20:30 加藤勝信・官房長官。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210529-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)