読売新聞オンライン

メニュー

くじ引きで決めた接種の順番、住民は「効率的で公平」…[政治の現場]ワクチン<5>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[政治の現場]ワクチンをまとめて読むならこちら

 福島県沿岸部の浜通り、伝統行事「相馬 野馬追のまおい 」で知られる相馬市。2月5日午後、市民会館大ホールに、市内各地域を代表する行政区長ら約70人が集まった。

 視線の先は、壇上に置かれた木箱。実際の選挙で届け出順などを「くじ」で決めるための抽選器だ。中には、1から10の数字が記された棒が入っている。

 行政区を束ねる役員10人は、さながら、おみくじを引く要領でくじを引いた。マスク姿で距離を置いて座る区長らは、神妙な表情で一連の動作を見守った。

 静まりかえった会場に、声が響く。1番、中村東部地区、2番、玉野地区――。

 くじで決めたのは、新型コロナウイルスのワクチン接種の順番だ。市が指定した日時と場所で、行政区ごとに高齢者の集団接種を行う。市長の立谷秀清が発案し、区長会側の賛同を得た。

 人口約3万4000人の相馬市。今月1日始まった高齢者への集団接種は順調に進み、希望者約1万人のうち、既に9割が1回目の接種を終えた。6月1日に一般向け接種も始まる見通しだ。どのグループも、くじ引きの結果に従い、行政区ごとに集団で接種する。住民は「相馬のやり方は効率的で公平だ」と好意的だ。

 接種の予約を巡っては、全国で混乱が相次いだ。電話回線がパンクしたり、ネット予約でシステムがダウンしたりした。自治体が、一斉に接種券を住民に発送したのが原因とされる。

 ワクチン担当の行政・規制改革相、河野太郎は「悪いのは私だ。自治体が思った以上に『公平性』を重視することに気づかなかった」と、自治体をかばった。

 ミクロ経済学が専門の慶応大教授、栗野盛光は混乱を「先着順で起きる典型例の一つ」と解説した上で、混乱を避けるには「抽選制」や、行政などが一定の日時を指定する「割当制」が望ましいと指摘する。

 だが、多くの首長が先着順を採用した。総務省幹部は「選挙で選ばれる首長は、住民から『不公平だ』と批判されることを恐れたのではないか」と指摘する。

 誰が先にワクチンを打つべきか。それは公平性とは何か、という問題でもある。

 「皆様の信頼を裏切る結果となり、おわび申し上げるしかございません」

 5月13日、兵庫県神河町の防災行政無線から、町長の山名宗悟が謝罪する声が響いた。山名は62歳。優先接種対象の65歳以上の高齢者ではないが、集団接種の初日に接種を受け、町民から批判を受けた。

 「危機管理を担う」「医療従事者に準じる」といった理由で、首長が先に接種し、批判される事態が全国各地で相次いだ。住民に事前に説明がなかったことが、さらに不信を招いた。

 国は接種順に関して〈1〉医療従事者〈2〉65歳以上の高齢者〈3〉基礎疾患がある人など、と大枠を示している。基礎疾患については、心臓病や腎臓病など病気の種類も例示しているが、「診断書を求めるわけでもなく実際は自己申告となる」(政府関係者)など曖昧な点も多い。

 海外では優先接種を受ける「エッセンシャルワーカー(必須労働者)」を職種で定める国もある。東京大准教授(生命・医療倫理学)の井上悠輔は「日本でも誰の接種を優先したらいいかという議論を、もっとすべきではないか」と指摘する。

 優先接種の対象は、国が示した大枠の中で自治体が判断しているのが現状だ。福岡市は、高齢者や子どもと接する機会の多い介護施設職員、保育士、教職員らを優先対象とした。東京都も警察官や消防士への接種を優先させる方針を示す。

 公平性をいったん棚上げし、感染抑止の観点を重視すべきだとの声も出ている。

 経済産業研究所上席研究員の竹森俊平は、4月下旬の政府の経済財政諮問会議で「大阪のような(感染拡大が)厳しい状態の医療関係者からワクチンを施すべきだ」と訴えた。20政令市でつくる指定都市市長会(会長・林文子横浜市長)も「人口や人流が集中する」都市部にワクチンの「戦略的な供給」を求めている。

 こうした考えに地方は反発する。鳥取県知事の平井伸治は、芥川龍之介の小説「 蜘蛛くも の糸」になぞらえ、「ワクチンは蜘蛛の糸。みんなで分け合いながら進めていかなければ、泥沼から逃れることはできない」と語り、疑問を投げかけた。

 「命の重さは大都市と地方では違うんでしょうか」

 誰を優先して接種すべきか。地域の事情や公平性、効率性のバランスを考慮して決断し、住民に十分な説明を尽くすのが、政治の役割のはずだ。(敬称略)

無断転載・複製を禁じます
2087437 0 政治 2021/05/30 05:00:00 2021/06/23 14:53:42 2021/06/23 14:53:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210529-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)