会社の診療所や会議室を接種会場に、モデルナ製使用…大学も加える方針

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種について、6月中にも企業などを接種会場に加える方針を固めた。市区町村や大規模会場のほかに接種できる場所を増やしたい考えだ。1日にも詳細を発表する。

菅首相
菅首相

 菅首相は31日、首相官邸で田村厚生労働相、梶山経済産業相、萩生田文部科学相ら関係閣僚と協議した。企業などの職場での接種には、米モデルナ製のワクチンを使う予定で、企業内診療所で産業医が打つほか、外部の機関に委託して会議室などで接種を実施する方法などが想定されている。職場接種に加え、全国の大学も会場にする方向で調整している。

 社員だけでなく、その家族や、企業周辺に住む住民らも接種できるようにする。政府は、高齢者への接種のめどがつけば、基礎疾患を持つ人や一般の人への接種も可能とする方針だ。

 政府は7月末までに高齢者向け接種を完了する目標を掲げている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2091295 0 政治 2021/06/01 00:24:00 2021/06/01 00:24:00 2021/06/01 00:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)