読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

接種上位5県にワクチン優先配分へ…河野氏「今後はもう少しシビアに接種実績見る」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は1日の記者会見で、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの配分に関し、接種が進んでいる5県を優先すると発表した。

河野行政・規制改革相
河野行政・規制改革相

 今月21日からの2週間で配る約1872万回分について、接種率が高い和歌山、山口、鳥取、佐賀、高知の上位5県には、希望した量を配送する。それ以外の都道府県については、接種対象者の数に応じて配分量を割り当てる。

 河野氏は「貴重なワクチンだから在庫を積み増しても意味がない」と述べ、在庫を抱える市区町村は都道府県を通じて他の市区町村にワクチンを融通するよう求めた。

 政府は、国の「ワクチン接種記録システム(VRS)」に入力されたデータで接種回数を判断している。河野氏は「今後はもう少しシビアにVRSで接種実績を見る。入力が遅れている自治体はスピードアップをお願いしたい」とも語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2093293 0 政治 2021/06/01 19:18:00 2021/06/02 00:17:26 2021/06/02 00:17:26 河野太郎・行政・規制改革相。2021年2月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)