企業・大学のワクチン接種費用は「国が全額負担」…河野氏「とりあえず千人以上の大企業で」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 加藤官房長官は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの企業や大学での接種について「基本的に必要となる費用は国が全額負担する」と述べた。

国内で新たに17万8356人コロナ感染…東京の直近1週間の平均は前週から2割減
加藤官房長官
加藤官房長官

 接種1回ごとの医師らへの対価は原則2070円となっており、こうした費用を国が負担する。また、国は各企業などに、ワクチンを保管するための冷凍設備や接種記録を入力するためのタブレット端末を貸し出す予定だ。一方、企業などが外部で会場を借りる際の費用や、運営経費なども国が負担するかどうかについては検討を進めている。

 これに関し、河野行政・規制改革相は2日、「とりあえず(従業員数)1000人以上の大企業でスタートしたい」と述べた。全国知事会との意見交換で明らかにした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2096092 0 政治 2021/06/02 18:30:00 2021/06/02 21:16:01 2021/06/02 21:16:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210602-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)