台湾へのワクチン供与、海外供給で影響力拡大を図る中国に対抗する狙いも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本政府が台湾へのワクチン供与に踏み切ったのは、ワクチン不足に悩む台湾を支援するほか、自国製ワクチンを海外に供給することで影響力拡大を図る中国に対抗する狙いがある。

感染状況に地域差、検査数減などで「過小評価が生じている可能性」…助言機関が指摘

 茂木外相は4日の記者会見で、「ワクチンの分野でも日本としてしっかりとリーダーシップを発揮していきたい」と述べ、「ワクチン外交」を積極的に展開していく考えを強調した。

 日本政府は、国際機関を通じたワクチン提供も検討したが、「直接届けた方が、日本の貢献がしっかりと可視化される」(政府高官)と判断し、直接提供することを選んだ。

 今回提供したのは、英アストラゼネカ製のワクチン124万回分だ。日本政府は、同社と1億2000万回分のワクチン供給契約を結んだが、接種後ごくまれに血栓が生じる例が海外で報告されており、当面は日本国内で使用予定はない。今後も台湾の感染状況を踏まえ、追加提供を検討する考えだ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2102483 0 政治 2021/06/04 22:35:00 2021/06/04 23:20:56 2021/06/04 23:20:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)