読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

超党派の「新憲法推進大会」、安倍氏ら出席…首相もビデオメッセージ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」は10日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開いた。

 菅首相はビデオメッセージで、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「緊急時に国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そのことを憲法にどう位置付けるかは、極めて重く大切な課題だ」と強調した。緊急時に政府の権限強化を可能とする「緊急事態条項」の議論を進めるよう国会に促したものだ。

 首相は「自衛隊を違憲とする声がいまだ根強くあることも事実だ。そのような状態に置いたままでいいのか」とも訴え、自衛隊明記を柱とした4項目の自民党改憲案に理解を求めた。

「新しい憲法を制定する推進大会」であいさつする安倍前首相(中央)
「新しい憲法を制定する推進大会」であいさつする安倍前首相(中央)

 大会には自民党の安倍前首相も駆けつけ、「占領時代の様々な仕組みを見直し、憲法改正を進めていくために自民党は生まれた」と指摘した。公明党の北側一雄副代表のほか、日本維新の会、国民民主党の代表者も出席した。

 議員同盟は2019年11月に死去した中曽根康弘・元首相が会長を務めていた。昨年は4月に開催予定だったが、コロナ禍で中止となった。

無断転載・複製を禁じます
2115916 0 政治 2021/06/10 20:32:00 2021/06/10 22:56:23 2021/06/10 22:56:23 「令和3年度 中曽根康弘会長を偲び、新しい憲法を制定する推進大会」であいさつする安倍前首相(中央)(10日午後5時27分、東京都千代田区永田町の憲政記念館で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)