読売新聞オンライン

メニュー

台湾・蔡総統からの電話「何とか届けてもらえないでしょうか」…[政治の現場]ワクチン<10>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[政治の現場]ワクチンをまとめて読むならこちら

 「何とか6月中旬までにワクチンを届けてもらえないでしょうか」

 前首相の安倍晋三に、台湾総統の 蔡英文ツァイインウェン からSOSの電話連絡があったのは、5月下旬のことだった。

 台湾は新型コロナウイルスの感染封じ込めに成功し、「世界の模範」(前米厚生長官のアレックス・アザール)と称されたが、5月に感染者が急増した。台湾総統府はワクチン確保を急いだが、独ビオンテック製ワクチンの契約が、「中国の介入で合意できない」(蔡)事態にも陥った。

 そこで蔡に加えて、外交部長(外相)の 呉●燮(ウージャオシエ) 、東京にある台北駐日経済文化代表処代表(駐日大使に相当)の謝長廷ら幹部が総出で、日本政界の親台湾派議員に働きかけを強めた。(●は金へんにりっとう)

 台湾は東日本大震災後には多額の義援金を、コロナ禍ではマスクや防護服を日本にいち早く送るなど、国際社会でひときわ親日姿勢を見せてきた。苦しむ台湾に支援の手を差し伸べるべきだとの声は一気に広がり、日本政府も動き始めた。

 台湾に送るワクチンは、英アストラゼネカ製に白羽の矢が立った。同社製は昨年8月、日本への1億2000万回分の供給が決まり、今年5月に日本国内での製造販売も承認され、製造も始まっていた。ただ、日本は米ファイザーや米モデルナのワクチンを既に確保済みで、アストラゼネカ製で接種後ごくまれに血栓が生じる例が海外で報告されていたこともあり、日本国内の使い道が未定だった。

 5月24日、安倍政権で首相補佐官などを務め、副総理兼財務相の麻生太郎に近い自民党衆院議員、薗浦健太郎は、謝長廷の代表公邸に招かれ、米駐日臨時代理大使のジョセフ・ヤングと会食した。台湾にアストラゼネカ製ワクチンを供与する案を説明した薗浦に、ヤングは満足げに深くうなずいた。中国へのけん制を強める米国のバイデン政権にとってワクチンの「日台協力」は歓迎すべき動きだった。

外交力が機能、米も評価

 日華議員懇談会会長を務める自民党衆院議員の古屋圭司は「困った時に助け合うのが真の友人で、恩返しをしたいとの思いは皆、共通していた」と語った。

 ただ、実現に向けて、乗り越えなければならないハードルが二つあった。

 一つは、台湾に送る経路だった。外務省は当初、共同購入・分配の国際的枠組み「COVAX(コバックス)」の活用を推した。日台の接近を警戒する中国政府の横やりを懸念することなく、国際貢献を強調できる利点があるためだ。だが、COVAXを通じた分配は途上国が優先され、台湾に迅速に届く保証はなかった。

 いずれも親台湾派である麻生や、防衛相の岸信夫も出席した首相官邸での関係閣僚協議で、最後は官房長官の加藤勝信が台湾への「直接送付案」を採用し、議論を収めた。加藤は周囲に「COVAXを使うと、日本の貢献が『ワン・オブ・ゼム』に埋もれ、時機を逃す心配があった」と語った。

 もう一つ日本政府が頭を悩ませたのが、アストラゼネカ社と結んだ契約上の制限だった。契約は、日本が海外にワクチンを送ることを想定していなかった。

 日本国内の使用で深刻な副反応が出れば、日本政府が同社の責任を肩代わりするが、台湾に送った場合、不慮の事態にどう対応するのか――。最終的に、台湾も同社と供給契約を交わしていたことや、日本からの送付分は人道支援・無償提供であることを考慮し、同社が特例的に責任を負うことで決着した。

 許可手続きが進む中、政府は国内で製造されたばかりのワクチン124万回分を、ひそかに成田空港の倉庫に送った。少しでも早く台湾に送り届けるためだ。

 「我々台湾人は、あなた方の大きな助けに感謝しています」

 今月4日午後、ワクチンを積んだ日本航空機が台北郊外の桃園国際空港上空に姿を見せると、管制官が英語でこう謝意を伝えた。機長も「どういたしまして」と応じ、台湾メディアはこぞってニュースで流した。

 同日夜には、台北の高層ビル「台北101」の壁面に「台湾☆日本」「台日の絆と感謝」などのメッセージが中国語と日本語で映され、歓迎ムードに包まれた。台湾では7月にアストラゼネカ製ワクチンの製造が始まるものの、それまでの間、日本からの供給が大きな助けとなったからだ。

 要請から約2週間で台湾への“メイド・イン・ジャパン”ワクチンの供給が実現し、米政府からは「国内の接種の遅れを招き、不手際続きだった日本のワクチン外交がようやく機能した」との評価も出ている。外務省幹部は「ワクチン供給の多角化を進めた結果、偶然生まれた余剰分に助けられた。ワクチンの持つ戦略的価値を改めて思い知らされた」と振り返った。(敬称略、おわり)

 この連載は、向井ゆう子、藤原健作、谷川広二郎、阿部真司、金子靖志、薩川碧、佐藤竜一、森山雄太、山崎崇史、大槻浩之、山口真史、北村友啓、福島支局・仲田萌重子、千葉支局・上村健太、ロンドン支局・池田慶太、ワシントン支局・田島大志が担当しました。

無断転載・複製を禁じます
2116592 0 政治 2021/06/11 05:00:00 2021/06/23 14:52:22 2021/06/23 14:52:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)