読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

枝野氏「1年延期か中止、IOCと交渉を」…「8・9月に感染爆発が生じる恐れ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の枝野代表は11日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、東京五輪・パラリンピックについて「1年延期か中止かという選択をIOC(国際オリンピック委員会)と交渉すべきだ」と述べた。

枝野幸男・立憲民主党代表
枝野幸男・立憲民主党代表

 その理由として「人の移動が激しくなり、このまま開催すれば8、9月に感染爆発を生じる恐れが非常に高い」ことを挙げた。1年後には「(新型コロナウイルス)ワクチンの効果が表れる」との見通しも示した。

無断転載・複製を禁じます
2118051 0 政治 2021/06/11 18:17:00 2021/06/11 18:57:18 2021/06/11 18:57:18 枝野幸男・立憲民主党代表。2020年9月24日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)