読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

英首相「パンデミックを共に打ち負かし、二度と繰り返さない方法を議論」…G7サミット

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【コーンウォール(英南西部)=池田慶太、藤原健作】先進7か国首脳会議(G7サミット)が11日午後(日本時間11日夜)、英コーンウォールで開幕した。新型コロナウイルス対策や気候変動問題などの課題解決に向け、多国間の協調を確認する。力を背景に国際秩序に挑戦する動きを強める中国やロシアに対抗し、民主主義国家の結束も打ち出す。

G7サミットのセッションに臨む(左端から時計回りに)ミシェルEU大統領、菅首相、メルケル独首相、マクロン仏大統領、ジョンソン英首相、バイデン米大統領、トルドー・カナダ首相、ドラギ伊首相、フォンデアライエン欧州委員長(11日、英コーンウォールで)=伊藤紘二撮影
G7サミットのセッションに臨む(左端から時計回りに)ミシェルEU大統領、菅首相、メルケル独首相、マクロン仏大統領、ジョンソン英首相、バイデン米大統領、トルドー・カナダ首相、ドラギ伊首相、フォンデアライエン欧州委員長(11日、英コーンウォールで)=伊藤紘二撮影

 G7の首脳が対面で集まるのは約2年ぶりで、新型コロナの世界的流行(パンデミック)後は初めてだ。ジョンソン英首相が議長を務め、菅首相とバイデン米大統領は初めての参加となる。初日は新型コロナからの「よりよい回復」をテーマに議論が行われ、ジョンソン氏は冒頭、「(世界の)人々は、我々がパンデミックを共に打ち負かし、二度と繰り返さない方法について議論することを望んでいる」と述べた。

 サミットでは、2022年末までに少なくとも10億回分の新型コロナワクチンを途上国に供与することで合意する見通しだ。ジョンソン氏が10日、明らかにした。中国やロシアが進める「ワクチン外交」を念頭に、新型コロナの感染収束を主導する狙いがある。

 バイデン氏は10日、英国での演説で、ワクチン5億回分を途上国などに提供する計画を正式に表明した。英国は1億回分を新たに提供すると表明し、日本、ドイツ、フランスは各3000万回分、イタリアは1500万回分を既に表明している。

 このほか、外交政策や民主主義、気候変動問題についても議論する。

 G7各国は、中国の武力を背景とした東・南シナ海での現状変更の動きや、新疆ウイグル自治区や香港での人権弾圧に懸念を強めており、サミットでは厳しい対中認識を共有する方向だ。ジョンソン氏は11日、G7が途上国に「質が高く、透明性のある投資」を提供し、環境に優しいインフラ(社会基盤)開発を後押しするべきだとの声明を発表した。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗する狙いがあり、サミットで具体策を議論する。

 気候変動問題では、50年までの温室効果ガス排出の実質ゼロ達成に向けてG7各国が具体目標を示してから初めてのサミットとなる。今年11月には英国で国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が予定されており、議長国の英国はG7の議論を世界的な脱炭素につなげることを目指している。

 今回のサミットには、オーストラリア、韓国、南アフリカの各国首脳も招待され、新型コロナの感染拡大が続くインドはオンライン形式で参加する。13日に議論の成果を踏まえた首脳宣言を発表し、閉幕する。

無断転載・複製を禁じます
2118727 0 政治 2021/06/12 01:01:00 2021/06/12 02:21:43 2021/06/12 02:21:43 G7サミットのセッションに臨む(左端から時計回りに)ミシェルEU大統領、菅首相、メルケル独首相、マクロン仏大統領、ジョンソン英首相、バイデン米大統領、トルドー・カナダ首相、ドラギ伊首相、フォンデアライエン欧州委員長(11日、英コーンウォールで)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)