読売新聞オンライン

メニュー

感染拡大で多くの死者が出ているが…改憲論議へ「絶好の契機」加藤官房長官

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 加藤官房長官は11日の記者会見で、憲法改正について「新型コロナウイルスによる未曽有の事態を全国民が経験し、緊急事態の備えに対する関心が高まっている。議論を提起し、進めることは絶好の契機だ」と述べた。

加藤勝信・官房長官
加藤勝信・官房長官

 緊急時に政府の権限を強化する「緊急事態条項」をめぐり、国会論議が活発化することに期待感を示したものとみられる。ただ、新型コロナの感染拡大で高齢者を中心に多くの死者が出ており、野党の反発も予想される。

無断転載・複製を禁じます
2118961 0 政治 2021/06/12 07:39:00 2021/06/12 07:56:40 2021/06/12 07:56:40 加藤勝信・官房長官。首相官邸で。2021年1月5日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)