読売新聞オンライン

メニュー

不適切な「自撮り」できないスマホを…政府、事業者に要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、青少年のインターネット利用に関する第5次基本計画を決定した。スマートフォンで裸の写真を送らされる「自画撮り」の被害が拡大していることを受け、不適切な写真を撮影できない技術をスマホに取り入れるなどの取り組みを事業者に促した。

 近年、ネット利用者の低年齢化や利用時間の長期化が進み、青少年のトラブルは増加している。技術的にトラブルを防ぐとともに、「親子のルールづくり」など保護者に対する啓発活動の実施も明記した。

 青少年がネットを適切に活用する能力を向上させるため、学校での学習活動の充実とモラル教育の推進を図ることも盛り込んだ。計画は2009年に策定され、3年ごとに見直されている。

無断転載・複製を禁じます
2120530 0 政治 2021/06/12 23:53:00 2021/06/12 23:53:00 2021/06/12 23:53:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)