読売新聞オンライン

メニュー

緊急事態宣言の20日解除、首相と関係閣僚ら協議か…17日にも可否を正式決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は15日、田村厚生労働相や西村経済再生相らと首相官邸で面会した。新型コロナウイルス対策として10都道府県に発令されている緊急事態宣言について、期限の20日で解除するかどうかを協議したとみられる。

首相官邸に入る菅首相(15日午前)=大石健登撮影
首相官邸に入る菅首相(15日午前)=大石健登撮影

 政府は17日にも解除の可否を正式決定する。首相と関係閣僚は今後の大規模イベントの人数制限のあり方についても議論した模様だ。

 一方、西村氏は15日の記者会見で、宣言対象地域の知事が解除後の対応に言及していることに、「病床(の状況)が厳しいにもかかわらず、解除ありきのような話をすることに違和感を覚える。気が緩むような発言は控えてもらいたい」と苦言を呈した。

無断転載・複製を禁じます
2124933 0 政治 2021/06/15 11:22:00 2021/06/15 11:41:02 2021/06/15 11:41:02 首相官邸に入る菅首相(15日午前8時32分、首相官邸で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)