読売新聞オンライン

メニュー

政府、台湾に続きベトナムにもワクチン無償提供…来月からはASEAN各国に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茂木外相は15日の記者会見で、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン約100万回分をベトナムに無償提供すると発表した。16日に現地に届く予定だ。日本政府によるワクチンの海外供与は、台湾に続き2例目となる。

 日本政府はアストラゼネカ社と1億2000万回分のワクチン供与契約を結んでいる。接種後、ごくまれに血栓が生じる例が海外で報告され、国内で使うめどがたっていない。一方、ベトナムの保健当局はアストラ社製ワクチンの使用を許可している。

茂木外相
茂木外相

 政府はインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアにも7月上旬から提供を始める方針だ。いずれも国際機関などを通さず、直接供与する。茂木氏は東南アジア諸国連合(ASEAN)各国への提供について「『自由で開かれたインド太平洋』を実現していく上でも極めて重要だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2125013 0 政治 2021/06/15 11:58:00 2021/06/15 11:58:00 2021/06/15 11:58:00 茂木敏充・外務相。外務省で。2021年2月17日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)