読売新聞オンライン

メニュー

内閣不信任案、与党と維新などの反対多数で否決…枝野氏「コロナ対応に危機感うかがえない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院は15日の本会議で、立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党が提出した菅内閣の不信任決議案を与党や日本維新の会などの反対多数で否決した。

衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、一礼する菅首相(右)(15日午後4時15分、国会で)=源幸正倫撮影
衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、一礼する菅首相(右)(15日午後4時15分、国会で)=源幸正倫撮影

 立民の枝野代表は不信任案の趣旨弁明で、政府の新型コロナウイルス対応について、「国家的危機から国民の命と暮らしを守ることができず、その意思や責任感、危機感と緊張感すらうかがえない」と批判した。

無断転載・複製を禁じます
2126072 0 政治 2021/06/15 16:25:00 2021/06/15 16:42:22 2021/06/15 16:42:22 衆院本会議で内閣不信任決議案が否決され、一礼する菅首相(右)ら(15日午後4時15分、国会で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)