読売新聞オンライン

メニュー

河野行革相「子どもは夏休み中に接種を」…文科省が近く指針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は20日の日本テレビの番組で、新型コロナウイルスワクチンの接種を巡り、「12歳から15歳の子どもたちは夏休み中に打ってもらい、2学期は心配せずに学校に行けるような状況ができたらいい」と述べた。そのうえで、文部科学省が近く、接種に関する指針を出すとの見通しを示した。

河野行政・規制改革相
河野行政・規制改革相

 厚生労働省は5月末、米ファイザー製ワクチンの接種対象を16歳以上から12歳以上に引き下げることを決めている。ただ、河野氏は「接種は義務ではないので学校の授業時間中に集団で打つことはやらない」と語った。

 また、ワクチン接種については「『このワクチンを打つと不妊になる』という話が出るが、全部デマだ」と強調。「科学的にそういうことはないという説明をきちんとやっていかなければならない」と語った。

 一方、西村経済再生相は20日のNHK番組で、東京五輪・パラリンピック中に新型コロナ対策の緊急事態宣言が発令されれば、五輪が無観客になる可能性に言及した。

 宣言発令中のイベントは「無観客でお願いすることもある」とし、「五輪も一般のイベントの状況を参考に(観客上限数を)判断するので、(政府や東京都などの)5者協議で適切に判断されると思う」と述べた。

 加藤官房長官も20日のフジテレビ番組で「五輪であろうと、ほかのイベントであろうと、同じように対応してもらうのが基本原則だ」との認識を示した。

無断転載・複製を禁じます
2140311 0 政治 2021/06/20 20:39:00 2021/06/20 20:39:00 2021/06/20 20:39:00 河野太郎・行政・規制改革相。2021年3月22日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)