読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相、宣言発令なら「五輪は無観客も辞さない」…「安全・安心を最優先」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は21日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令された場合、今夏の東京五輪・パラリンピックの観客の扱いについて「国民の安全・安心のために無観客(とすること)も辞さない」と述べた。

首相官邸に入る菅首相(21日午前)=源幸正倫撮影
首相官邸に入る菅首相(21日午前)=源幸正倫撮影

 東京都内でコロナワクチンの職場接種の現場を視察後、記者団の質問に答えた。「緊急事態宣言の時にそうしたこと(無観客)は十分あり得る。安全・安心を最優先にやるのは当然のことだ」とも強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2142588 0 政治 2021/06/21 15:12:00 2021/06/21 20:29:23 2021/06/21 20:29:23 首相官邸に入る菅首相(21日午前8時32分)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210621-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)