読売新聞オンライン

メニュー

南アなど9か国・地域、インド型流行国に指定…帰国者ら3日間待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は21日、南アフリカやスウェーデン、ポルトガルなど9か国・地域を新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)流行国に指定した。帰国者らには指定施設での3日間の待機を求め、検査で陰性だった場合は自宅に移っての入国後14日間の待機を認める。

 他に指定したのは、アラブ首長国連邦、エストニア、キルギス、ペルー、ブラジル・パラナ州、米アーカンソー州。一部の国・地域は英国型(アルファ型)などの流行国にも指定しているため、既に帰国者らに3日間の待機措置を求めていた。

 一方、米アイオワ州、コネティカット州、ニューヨーク州、ロードアイランド州はインド型流行国の指定を解除。チェコ、ハンガリー、レバノン、米テネシー州、ミシガン州は英国型などの指定を解き、3日間の待機措置を免除する。

 待機に関する措置は24日から始める。

無断転載・複製を禁じます
2144099 0 政治 2021/06/22 00:49:00 2021/06/22 00:49:00 2021/06/22 00:49:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)