読売新聞オンライン

メニュー

職場接種の新規受け付け一時休止へ…河野氏「1日の可能配送量が上限に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

河野行革相
河野行革相

 河野行政・規制改革相は23日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種にあたり、職場接種と、自治体が独自に設ける会場向けの申請受け付けを一時中止する考えを示した。これらの会場で使われる米モデルナ社製ワクチンが、1日あたりの可能配送量の上限に達したためだ。

 職場接種の受け付けは25日午後5時までとする。自治体の受け付けはすでに停止した。河野氏は「これ以上、申請を受け付けても、最終的に承認できない量になると、申請の事務作業や医療従事者の確保が無駄になってしまいかねない」と述べた。

 一方、河野氏は今月9日のワクチン接種回数が99万9487回となり、「1日100万回」の政府目標に迫ったことを明らかにした。「今、実力的には1日120万回ぐらいに達している」としたうえで、職場接種が軌道に乗れば「1日140万回ぐらいになる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2150194 0 政治 2021/06/23 19:34:00 2021/06/23 22:31:02 2021/06/23 22:31:02 河野太郎・行政・規制改革相。2021年2月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)