読売新聞オンライン

メニュー

まん延防止と沖縄の緊急事態、来月8日までに解除の可否判断

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルス対策として東京や大阪など10都道府県に適用している「まん延防止等重点措置」と沖縄県に発令中の緊急事態宣言について、来月8日までに解除の可否を判断する方向だ。宣言と重点措置の期限はいずれも来月11日。飲食店への休業や営業時間短縮の要請などにかかわるため、一定の周知期間を設けることにした。

沖縄県庁
沖縄県庁

 これに関し、自民党の森山裕国会対策委員長は23日、衆参両院の議院運営委員会を来月8日に開き、今回の宣言と重点措置の取り扱いについて政府から説明を受けるとの見通しを示した。

 来月23日に開幕する東京五輪は、会場の観客数上限を1万人とすることが決まっている。大会組織委員会などは、今後の感染状況によっては無観客とすることも視野に入れている。

無断転載・複製を禁じます
2151206 0 政治 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:17:03 2021/06/24 05:17:03 沖縄県庁。沖縄県那覇市で。2020年12月2日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)