「大切な時期に公務離れ、おわび」過労入院の小池知事退院…都議選には「エール送る」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は30日、過度の疲労で入院していた小池百合子知事が同日朝に退院したと発表した。小池知事は7月1日から当面の間、医師の判断に基づき、在宅で公務に当たるという。

G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…印「割安な露産原油を輸入するしかない」
小池都知事
小池都知事

 小池知事は今月22日、過度の疲労による体調不良を訴え、都内の病院に入院。都などによると、28日頃の公務復帰を目指していたが、十分に疲労が取れずに微熱が続くなどしていたため、入院期間を延長していた。

 この日、小池知事は「新型コロナウイルス対策の ただ 中、東京オリンピック・パラリンピックの直前という大切な時期に公務を離れ、多くの方々に心配、迷惑をおかけしたことをおわび申し上げる」などとするコメントを文書で発表した。7月4日に投開票される東京都議選についても言及し、「都政の課題が山積する中、改革を続け、伝統を守る皆様にエールを送る」とした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2166527 0 政治 2021/06/30 10:20:00 2021/06/30 11:22:51 2021/06/30 11:22:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)