読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

児童5人死傷、首相が事故現場を視察「歩道設置に全面協力する」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は1日、下校中の児童5人がトラックにはねられて死傷した千葉県八街市の事故の現場を視察した。献花して黙とうをささげた後、楠芳伸・千葉県警本部長から事故時の状況などについて説明を受けた。

児童5人が死傷した事故現場に設けられた献花台に花を手向ける菅首相(手前)。左は八街市の北村新司市長(1日午後、千葉県八街市で)=菅野靖
児童5人が死傷した事故現場に設けられた献花台に花を手向ける菅首相(手前)。左は八街市の北村新司市長(1日午後、千葉県八街市で)=菅野靖

 首相は視察後、首相官邸で記者団に「曲がっている電柱を見て事故がいかに痛ましいものだったかを実感した」と語った。北村新司・八街市長から「歩道を設置したい」との要請を受け、「政府として全面協力するので早くやってほしい」と伝えたことも明らかにした。

 一方、猪口邦子・元少子化相ら自民党の国会議員有志は1日、登下校時の安全対策として公立小でスクールバスの導入を進めるよう求める要望書を丹羽秀樹・文部科学副大臣に提出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2170826 0 政治 2021/07/01 15:37:00 2021/07/01 22:33:22 2021/07/01 22:33:22 児童5人が死傷した事故現場の献花台に花を手向ける菅首相(右)。左は八街市の北村新司市長(1日午後2時8分、千葉県八街市で)=代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210701-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)