読売新聞オンライン

メニュー

ワクチン在庫「市中に4000万回ぐらいあるはず」…厚労相が自治体間のミスマッチ指摘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田村厚生労働相は6日の閣議後記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンに関し、自治体などが約4000万回分の在庫を保有している可能性を指摘した。「自治体間でミスマッチが起きているのは確かだ」として、ワクチン供給に目詰まりが起きていることにも言及した。

田村厚労相
田村厚労相

 田村氏は、6月末までに約9000万回分が自治体向けに配送されたと説明。その上で「接種回数は約5000万回で、市中に約4000万回ぐらいある。たくさん打っている自治体と進んでいない自治体のミスマッチをどう解消するか対応したい」と述べた。具体的には「接種が進んでいれば多く配り、進んでいなければ調整して配るのが一つの方法だ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2184962 0 政治 2021/07/06 23:28:00 2021/07/07 07:15:43 2021/07/07 07:15:43 田村憲久・厚生労働相。厚生労働省で。2020年12月25日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210706-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)