読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

8月前半は1170万回分のワクチン供給、都道府県の裁量で傾斜配分する「調整枠」新設

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は13日の記者会見で、8月前半に自治体に配る新型コロナウイルスワクチンの数量を発表した。市区町村の接種状況に応じて都道府県が傾斜配分する「調整枠」を新設する。全体の供給量の約2割を接種ペースが速い市区町村に手厚く配分し、ワクチン不足の緩和につなげたい考えだ。

コロナワクチン
コロナワクチン

 政府は8月2日からの2週間で米ファイザー製ワクチン計1170万回分を供給する。全体の77%に当たる約901万回分を「基本計画枠」として各都道府県に人口比で配分し、残りの23%(約269万回)分を調整枠とする。19%(約223万回)分を都道府県の裁量で市区町村の接種ペースや在庫量に応じて傾斜配分する。4%(約46万回)分は、都道府県が運営する大規模接種会場で使用する。

 在庫が多いとされた市区町村の配分を1割減らし、調整枠に回す。大阪市は約19万回分から約17万回分に、札幌市は約13万回分が約12万回分にそれぞれ配分が減る計画だ。

 河野氏は記者会見で、15日から都道府県が市区町村ごとの接種状況を国と共有できるようになるとの見通しを示し、「都道府県が一番的確に対応できる。細かい数字を見ながら調整していただきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2203539 0 政治 2021/07/13 20:37:00 2021/07/13 23:21:14 2021/07/13 23:21:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210713-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)