岸田派の林芳正氏、衆院山口3区にくら替え表明…二階派の河村建夫氏と保守分裂か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党岸田派の林芳正・元文部科学相(60)(参院山口)は15日、山口県宇部市で記者会見を開き、次期衆院選に山口3区からくら替え出馬すると正式に表明した。同区では、二階派の河村建夫・元官房長官(78)が11選を目指しており、保守分裂選挙となる公算が大きくなった。

衆院山口3区へのくら替えを表明する林芳正氏(15日午前、山口県宇部市で)
衆院山口3区へのくら替えを表明する林芳正氏(15日午前、山口県宇部市で)

 記者会見で林氏は、現職を優先する党方針に対して、「自民党の公認、推薦、色々あるが、どうしていくのか同志と相談しながら、なるべくいい形で出馬したい」とした。「残務の整理がつき次第、参院議員は辞職したい」とも述べた。

 林氏は1995年参院選で初当選し、5期目。2012年に党総裁選に立候補するなど首相を目指していたが、参院議員が首相に就任した例がないことから、衆院へのくら替えを模索してきた。

 同区では立憲民主党県連副代表の坂本史子氏(66)も立候補を予定している。

スクラップは会員限定です

使い方
「政治」の最新記事一覧
2208446 0 政治 2021/07/15 11:34:00 2021/07/15 12:01:22 2021/07/15 12:01:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)