読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バッハ会長「感染状況改善したら有観客で」…菅首相との会談で要望

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、14日に首相官邸で行われた菅首相との会談で、23日開幕の東京五輪について、新型コロナウイルスの感染状況が改善した場合は有観客での開催を要望していたことが分かった。

菅首相と会談するIOCのバッハ会長(14日)
菅首相と会談するIOCのバッハ会長(14日)

 複数の政府関係者が明らかにした。バッハ氏は8日にテレビ会議形式で行われた政府や大会組織委などとの5者会談でも「東京などの感染状況が改善されれば(無観客を)見直すべきだ」と要請した。5者会談後の共同声明には、観客の扱いについて「感染状況に大きな変化が生じた場合、5者会談で対応を検討する」との一文が盛り込まれた。

 東京五輪は、首都圏1都3県と北海道、福島県の競技会場で無観客となることが決まっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2213307 0 政治 2021/07/16 21:41:00 2021/07/16 21:41:00 2021/07/16 21:41:00 IOCのバッハ会長(左)の表敬を受ける菅首相(14日午後3時21分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)