読売新聞オンライン

メニュー

日韓首脳、23日に初の対面会談…「外交官としてあるまじき発言」の駐韓公使は更迭へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日韓両政府は東京五輪に合わせ、23日に菅首相と韓国の 文在寅ムンジェイン 大統領による初の対面での首脳会談を行う方針を固めた。

菅首相
菅首相
文在寅・韓国大統領
文在寅・韓国大統領

 会談は東京・元赤坂の迎賓館で予定している。慰安婦問題や「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」をめぐる問題などについて協議する見通しだ。

 これに合わせ、日本政府は、在韓国大使館の相馬弘尚総括公使を文氏の対日姿勢について不適切な表現で批判したとして更迭する構えだ。

 この問題で、韓国のJTBCテレビは16日、大使館幹部が自社の記者と懇談した際、文氏の対日姿勢が独り善がりだとの見方を示し、「マスターベーション(自慰)」との表現を使ったと伝えた。

 政府はこの幹部が相馬公使と認めたうえで、相馬氏の発言が日韓首脳会談の障害となるのは避けたい考えだ。政府高官は「発言は外交官としてあるまじきものだ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2217139 0 政治 2021/07/19 01:16:00 2021/07/19 23:17:03 2021/07/19 23:17:03 菅義偉・首相。首相官邸で。2026年4月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210719-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)