読売新聞オンライン

メニュー

日韓外務次官、慰安婦問題など巡り会談…韓国側から解決策の提示なく平行線

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省の森健良次官は20日、東京都内で韓国外交省の 崔鍾建チェジョンゴン 第1次官と会談した。森氏は慰安婦問題や「元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)」訴訟問題で崔氏に対応を求めたが、平行線に終わった。

協議に臨む森外務次官(右)と崔韓国外交省第1次官(代表撮影)
協議に臨む森外務次官(右)と崔韓国外交省第1次官(代表撮影)

 外務省幹部によると、森氏は、両問題で韓国の裁判所が日本政府や日本企業に賠償を命じたのは国際法違反だとして、違法状態の是正を求めた。崔氏は韓国側の立場を主張し、解決策を提示することはなかった。

 これに先立ち、森氏は米国のシャーマン国務副長官と会談し、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認した。

無断転載・複製を禁じます
2222220 0 政治 2021/07/20 18:55:00 2021/07/20 22:00:52 2021/07/20 22:00:52 協議に臨む森健良外務事務次官(右)と崔鍾建(チェ・ジョンゴン)韓国外交部第1次官 ※※ =東京都港区の飯倉公館で(代表撮影)=20日午後4時8分、東京都港区の飯倉公館で(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)