読売新聞オンライン

メニュー

モデルナ製5000万回分、来年初頭にも追加提供…厚労相が契約締結を発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田村厚生労働相は20日、米モデルナ製の新型コロナワクチン計5000万回分を、早ければ来年初頭にも追加で提供を受ける契約を同社、武田薬品工業と締結したと発表した。政府はこれまでワクチンの来年の供給見通しに関し、モデルナ社と米ノババックス社から計2億回分を購入する方向で協議を進めているとしていた。

田村憲久・厚生労働相
田村憲久・厚生労働相

 田村氏はモデルナ社が開発中の変異株にも有効なワクチンについて、「(今回の契約では)開発が成功した場合、供給を受けることも可能となっている」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
2222474 0 政治 2021/07/20 21:04:00 2021/07/20 21:04:00 2021/07/20 21:04:00 田村憲久・厚生労働相。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)