読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「コロナ対策で奇跡生むような政策ない」古賀誠・自民党元幹事長…[政治の現場]決戦の足音<9>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[政治の現場]決戦の足音をまとめて読むならこちら

 菅首相は華やかさはないが、大変な課題が山積している中、一生懸命苦労してやっている。小泉内閣以降、メディア向けのパフォーマンスが先行したり、いたずらに善悪の対立をあおったりする「劇場型政治」が続いた。決して良いことではない。

古賀誠・自民党元幹事長
古賀誠・自民党元幹事長

 今のような新型コロナウイルス禍では、パフォーマンスやスタンドプレーは不要だ。誠実で、我慢に我慢を重ね、色々な批判に耐えられる首相のような苦労人がふさわしい。

 この状況下で、9月末の任期満了に伴う自民党総裁選を行う、と国民に説明するのは無理だろう。絶対に避けるべきだ。

 (対抗馬が)政府のコロナ対策と違いを出せるというのなら別だが、そんなに変わった奇跡を生むような政策はない。ワクチン接種を一日も早く進め、国民に安心してもらえる体制を整えることに尽きる。誰か違う首相になれば、スムーズにいくというものでない。

 岸田さん(文雄・前政調会長)も今回は出馬することはない、あってはならないと思う。私は誰よりも宏池会(岸田派)を愛していたし、宏池会政権を作るのが大きな願望だった。(会長の)岸田さんと何回か話したが、私の思想的な考え方や政権戦略と少し違ったので、今は会を離れている。

 宏池会の基本は「軽武装、経済重視」だ。政策については、国民に痛みを伴うことでもお願いすべきことはお願いする。保守本流の良い派閥を引き継いだわけだから、岸田さんは右往左往して考える必要はない。政権を取るには攻めていかなければいけない。

 衆院選は、(解散せずに)任期満了で迎えても、国民に対する裏切りにはならない。むしろ当然の成り行きかもしれない。「追い込まれ」だとは全然思わない。コロナ収束のため、責任を持って、考えられることは全て実行していくべきだ。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2234219 0 政治 2021/07/26 05:00:00 2021/09/09 11:10:53 2021/09/09 11:10:53 [政治の現場] インタビューに答える古賀誠・自民党元幹事長(6日、東京都千代田区で)=池谷美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50152-T-e1631153433261.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)