読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県内唯一の外国出身議員、スルタンさん初仕事…「日本人の心で頑張ってまいります」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

委員会に出席したスルタンさん(中央)(26日、庄内町役場で)
委員会に出席したスルタンさん(中央)(26日、庄内町役場で)

 18日に投開票された山形県庄内町議補選で初当選し、県内唯一の外国出身議員となった、エジプト出身のスルタン・ヌールさん(49)が26日、町議としての仕事をスタートさせた。

 スルタンさんは、総務文教厚生常任委員会に所属。この日、町役場で開かれた委員会に初めて出席した。

 スルタンさんは「2013年に日本国籍になりました。日本人の顔ではないけど、日本人の心で頑張ってまいります」などとあいさつした。イスラム教徒のスルタンさんは1日5回の礼拝を行う。昼の休憩時は委員会室近くのロビーで、スマホのアプリを使い聖地メッカの方角を確かめ、祈りをささげた。

 初仕事を終えたスルタンさんは「他の議員からの助言もあり、委員たちの議論に加わることができた。町民から信頼してもらえるようになっていきたい」と意気込みを語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246213 0 政治 2021/07/29 23:26:00 2021/07/29 23:26:00 2021/07/29 23:26:00 委員会で他の議員から教わるスルタン・ヌール議員(中央)(7月26日午前9時57分、庄内町余目の庄内町役場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)