読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染者増で首相「新たな治療薬を徹底使用」…「抗体カクテル療法」活用の考え、五輪中止は否定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は27日夕、田村厚生労働相ら関係閣僚と対応を協議後、記者団に「感染者は全国的にも増えている。自治体と連携しながら強い警戒感をもって感染防止に当たっていく」と強調した。

新型コロナウイルスの都内の新規感染者が過去最多となり、記者団の質問に答える菅首相(27日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
新型コロナウイルスの都内の新規感染者が過去最多となり、記者団の質問に答える菅首相(27日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 首相は「新たな治療薬を徹底して使用していく」と述べ、厚生労働省が今月、特例承認した「抗体カクテル療法」と呼ばれる軽症者用の治療薬を活用する考えも示した。東京五輪中止の可能性については「人流は減少しているので、そうした心配はない」と否定した。

 政府は引き続き、感染状況を注視する考えだ。政府高官は「今日発表された感染者数は、2週間程度前の状況を反映したものだ。もう数日、様子を見る必要がある」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240160 0 政治 2021/07/28 02:29:00 2021/07/28 08:46:13 2021/07/28 08:46:13 東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となり、記者団の質問に答える菅首相(27日午後6時16分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)