読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

公館に歴代知事5人の胸像、7月末退任の兵庫知事は「旧態の遺物でいらない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県公館(神戸市中央区)に展示されている戦後の歴代知事の胸像について、7月末で退任する井戸敏三知事(75)が自身の像の設置を望まない考えを示した。井戸氏は読売新聞の取材に対し、「旧態の遺物はやめた方がいい。前々から決めていた」と話しており、知事の胸像は5代でストップすることになる。兵庫県以外の近畿2府3県では、庁舎や施設に知事の胸像は設置していないという。

兵庫県公館に並ぶ戦後5人の知事の胸像。手前は戦後初の公選知事である岸田幸雄氏(神戸市中央区で)
兵庫県公館に並ぶ戦後5人の知事の胸像。手前は戦後初の公選知事である岸田幸雄氏(神戸市中央区で)

 胸像は、1947年に戦後初の公選知事となった岸田幸雄氏以降、井戸氏の前任の貝原俊民氏(86年就任)までの5人のもの。かつては公館内の県政資料館に置かれていたが、改修に伴って「迎賓館」に移され、普段は非公開となっている。

 県によると、岸田氏と、後任の阪本勝氏の胸像が作られた経緯は不明だ。62年に初当選した金井元彦氏と70年に就いた坂井時忠氏は、県立神戸医科大(現・神戸大医学部)の医師らでつくる団体が寄贈し、貝原氏の像は、漁業関係者らの団体から贈呈されたという。

 兵庫県では金井氏以降、官僚出身の副知事が知事を受け継ぐ形が59年、4代にわたり続き、今月18日投開票の知事選では、県政の「刷新」を訴えた元大阪府財政課長の斎藤元彦氏(43)が、井戸氏の後継候補の前副知事を破って初当選した。

 県によると、5人の胸像の扱いについては、8月1日に就任する斎藤氏が決めることになるという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2241547 0 政治 2021/07/28 15:03:00 2021/07/28 15:03:00 2021/07/28 15:03:00 兵庫県の歴代公選知事の胸像。手前は岸田幸雄氏。(神戸市中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)