読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

超党派議員、米台の議会関係者と初の対話…中国念頭に安倍氏が「懸念」協調

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 超党派の国会議員でつくる日華議員懇談会(会長=古屋圭司自民党衆院議員)は29日、米国、台湾の議会関係者と初の「日米台戦略対話」をオンラインで開催した。中国の覇権主義的な動きへの懸念を共有し、日米台で連携を強化する必要性を確認した。

 参加した懇談会顧問の安倍前首相は、中国を念頭に「南・東シナ海で一方的な現状変更の試みが行われていることを懸念している」と強調した。香港などでの中国による人権弾圧についても触れ、「香港で起こったことが決して台湾で起こってはならない」とけん制した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2245118 0 政治 2021/07/29 17:43:00 2021/07/29 21:55:10 2021/07/29 21:55:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)