読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

性的表現での文在寅氏批判に韓国反発、不適切発言の公使に帰国命じる…事実上の更迭

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省が1日付で、在韓国日本大使館の相馬弘尚総括公使に帰国を命じたことが分かった。相馬氏は、日韓関係を巡り不適切な表現を使ったとして、韓国側が強く反発していた。

外務省
外務省

 相馬氏は着任から2年が経過しており、同省は通常の人事異動として扱うが、事実上の更迭となる。

 相馬氏は7月に行われた韓国メディアとの懇談の場で、 文在寅ムンジェイン 大統領の対日姿勢が独り善がりだとの見方を示し、性的な表現を使って批判した。

 相馬氏の発言は韓国国内で反発を招き、7月23日の東京五輪の開会式に合わせた文氏の来日取りやめにも影響を与えたとみられる。菅首相も「外交官として極めて不適切な発言で、遺憾だ」と述べていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2253168 0 政治 2021/08/01 20:41:00 2021/08/02 06:49:04 2021/08/02 06:49:04 外務省。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)