読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ感染者の新たな療養方針、菅首相が医療関係者に協力要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は3日、首相官邸で日本医師会の中川俊男会長ら医療関係者と会談し、新型コロナウイルス感染者の新たな療養方針への協力を要請した。首相は会談で、中等症患者のうち、酸素投与が必要な人や糖尿病などの疾患がある人は入院対象になるとの基準を示した。

日本医師会の中川俊男会長(右端)ら医療関係団体と意見交換する菅首相(左から2人目)。左端は田村厚生労働相、同3人目は西村経済再生相(3日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
日本医師会の中川俊男会長(右端)ら医療関係団体と意見交換する菅首相(左から2人目)。左端は田村厚生労働相、同3人目は西村経済再生相(3日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 政府は2日、急激に感染者が拡大している地域で、入院は重症患者や重症化リスクの高い人に限定する方針を決めた。首相は3日の会談で、入院対象となる重症化リスクの高い人の定義について、「中等症のうち、酸素投与が必要な方やそれ以外で糖尿病などの疾患をお持ちの方には確実に入院していただく」と述べた。

 中等症は、呼吸困難や肺炎がある「中等症1」と、肺炎が広がり酸素投与が必要な「中等症2」に分類される。首相の発言は、中等症患者の扱いが不明確だったことから、「中等症2」に加え、「中等症1」でもリスクがある人は入院対象になるとの基準を明確化したものだ。

 首相は、自宅療養について、「症状が悪くなった場合、すぐに入院できる態勢を整備する」とも述べた。中川氏は会談後、記者団に「中等症1でも医師の判断で入院でいいと確認したので、(国民には)安心していただきたい」と述べた。

 中川氏らとの会談に先立ち、公明党の山口代表は首相と会談し、中等症患者向けの病床や人員の拡充を求めた。療養方針の転換について、与党からは「丁寧に説明しないと誤解される」(自民党幹部)と懸念する声が出ている。立憲民主党の枝野代表は3日の同党会合で、「全く危機対応がなっていない。憤りを感じている」と批判した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258651 0 政治 2021/08/03 19:53:00 2021/08/03 22:56:52 2021/08/03 22:56:52 日本医師会の中川俊男会長(右端)ら医療関係団体と意見交換する菅首相(左から2人目)。左端は田村厚生労働相、同3人目は西村経済再生相。(3日午後3時5分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)