読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】空自F15、空対艦ミサイルの導入見送り…米が改修費の大幅増額要求

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は、航空自衛隊のF15戦闘機の能力向上を巡り、搭載予定だった空対艦・空対地長射程ミサイル「LRASM」の導入を見送る方針を固めた。開発元の米国側から改修費の大幅な増額を求められたことを受け、導入は困難と判断した。

防衛省
防衛省

 対艦機能を見送ることから、「12式地対艦誘導弾」を基に開発する新たな国産の長射程ミサイルを改良し、F2戦闘機などに搭載して役割を代替する考えだ。

 さらに中国の戦闘機の急速な近代化に対応するため、電子戦能力の向上を図り、米国製の空対地長射程ミサイル「JASSM」を搭載する方針だ。

 LRASMとJASSMはいずれも射程が約900キロ・メートル。敵の射程圏外から発射できるスタンド・オフ・ミサイルで、南西諸島防衛を強化する狙いがある。

 防衛省は、来年度予算の概算要求(8月末締め切り)では、金額を明示しない「事項要求」で改修計画を盛り込み、今年12月の予算編成で正式に必要な額を計上したい考えだ。改修を巡っては費用が多額なため中止論も出ていた。しかし、米側との協議で、LRASMの導入見送りなどで費用低減が見込めることから、事業継続は可能との結論に至った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2259496 0 政治 2021/08/04 05:00:00 2021/08/04 13:14:02 2021/08/04 13:14:02 防衛省。東京都新宿区で。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50240-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)