読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ファイザー製、600万回分の供給を9月末までに前倒し…河野氏「協力していただいている」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

河野太郎・行政・規制改革相
河野太郎・行政・規制改革相

 河野行政・規制改革相は5日の記者会見で、9月分として自治体に供給する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの都道府県別配分量を公表した。今回の配分が完了すると、職域接種などで使われる米モデルナ製と合わせ、12歳以上の対象者の8割が2回接種できる量に達する。

 具体的には、8月30日から10月10日までの間に計約3200万回分を供給する。埼玉県の約300万回分が最も多く、神奈川県、東京都が続く。東京都は、職域接種の回数が多い事情が加味され、人口比では少なめの配分となる。

 政府は今回の供給から、市区町村への配分調整を都道府県に委ねる。河野氏は、市区町村が計画を立てやすくするため、都道府県に対して「なるべく早く市区町村に割り当てを示してもらいたい」と求めた。

 一方、河野氏は、10~11月に供給を受ける予定のファイザー製2000万回分のうち、600万回分の供給が9月末までに前倒しされると明らかにした。このうち300万回分を9月中旬以降に自治体に配分する。河野氏は「日本の接種のスピードが速く進展していることをファイザーもよく理解し、必要な協力をしていただいている」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2264283 0 政治 2021/08/05 20:30:00 2021/08/05 22:11:18 2021/08/05 22:11:18 河野太郎・行政・規制改革相。2021年2月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50184-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)