首相、長崎の平和祈念式典に1分遅刻…「事務方の時間管理の不手際で」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は9日、長崎市で開かれた平和祈念式典に1分遅刻した。開始は午前10時45分で、首相は41分に会場の平和公園に到着したものの、46分に着席した。首相周辺は遅れた理由について、「事務方の時間管理の不手際だ」と説明している。

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつする菅首相(9日午前11時35分、長崎市の平和公園で)=代表撮影
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつする菅首相(9日午前11時35分、長崎市の平和公園で)=代表撮影

 首相は6日の広島市の平和記念式典で、あいさつ文の一部を読み飛ばした。長崎市の式典では、原稿通りに読み終えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2272430 0 政治 2021/08/09 20:24:00 2021/08/10 00:37:04 2021/08/10 00:37:04 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典であいさつする菅義偉首相=2021年8月9日午前11時35分、長崎市の平和公園、代表撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210809-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)