読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

9月中の解散は難しいとの見方、与党幹部「急ぐべきではない」…総裁選は「9月29日」軸に調整

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言の延長を受け、菅首相(自民党総裁)が念頭に置いていた9月中の衆院解散は難しくなったとの見方が強まっている。自民党は党総裁の任期満了(9月30日)に伴う総裁選日程について、「9月17日告示、29日投開票」を軸とする方向で調整に入った。

新型コロナウイルス対策について関係閣僚と協議後、記者団の質問に答える菅首相(16日午後6時15分、首相官邸で)=伊藤紘二撮影
新型コロナウイルス対策について関係閣僚と協議後、記者団の質問に答える菅首相(16日午後6時15分、首相官邸で)=伊藤紘二撮影

 首相は衆院選に臨む前に、まずは総裁選で再選を勝ち取らなければならない公算が大きくなっている。

 首相の選挙戦略は、新型コロナウイルス対策に全力を挙げて感染者を減少させたうえで、東京パラリンピックが9月5日に閉幕した後、速やかに解散に踏み切ることが柱だった。総裁選は先送りし、10月の衆院選で勝利した後、無風で乗り切ることを狙っていた。

 ただ、感染者増は全国的な傾向を見せ、内閣支持率は最低水準にとどまっている。感染状況が今後、劇的に改善すれば、9月中に解散に踏み切ることも可能だが、与党幹部からは「選挙を急ぐべきではない」との声が広がっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2289498 0 政治 2021/08/17 05:00:00 2021/08/26 10:11:08 2021/08/26 10:11:08 新型コロナウイルス対策について関係閣僚と協議後、記者団の質問に答える菅首相(16日午後6時15分、首相官邸で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210817-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)