読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ワクチン接種進めば事態改善」与党は11月投開票も視野…衆院選巡り綱引き激化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 次期衆院選の時期を巡り、与野党が駆け引きを繰り広げている。与党内には新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、11月の衆院選を望む声がある。野党は、内閣支持率が低迷する好機を逃すまいと、衆院議員の任期満了となる10月21日までの衆院選を迫っている。

 「任期満了前に新しい方を国民に選んでもらわないといけない。憲政の常道は逸脱してはならない」

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は18日、国会内で自民党の森山裕国対委員長と会談し、任期満了までの衆院選実施を求めた。森山氏は「考え方はそれぞれある」と応じるにとどめた。

 公職選挙法上は、任期満了日の10月21日に菅首相が解散すれば、投開票日は11月28日まで遅らせられる。与党が11月の衆院選も視野に入れるのは、「ワクチン接種が進めば事態は改善し、支持率も上向く」(閣僚経験者)との期待が背景にある。首相は17日の記者会見で、「解散は選択肢がだんだん少なくなっているが、その中で行っていかないといけない」と語った。

 立民の要求には、政府・与党への逆風が収まる余地を減らしたいとの思惑が透ける。安住氏は「引き延ばし工作をし、状況が有利になるのを見計らうのは卑しい」とけん制した。

 与党内では、解散を伴わない任期満了による衆院選の可能性も取り沙汰される。「コロナ禍で解散した」との批判を避けるためだ。解散を伴わない衆院選は、公選法で「任期が終わる日の前30日以内」と定められ、10月20日までに行われる。日程は政府が閣議で決める。

 衆院選前に行われる公算が大きい自民党総裁選は、9月29日投開票が軸となっている。首相が再選後に「任期満了選挙」を選択する場合、10月17日の投開票になる見通しだ。国会開会中ならば「閉会翌日から24日~30日後」との規定があり、11月14日投開票まで先送りできる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2296494 0 政治 2021/08/19 05:00:00 2021/08/26 10:07:31 2021/08/26 10:07:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210818-OYT1I50191-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)