読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

アフガンに邦人数十人が残留、自衛隊機を23日にも現地派遣

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は22日、イスラム主義勢力タリバンが全土を掌握したアフガニスタンから邦人らを退避させるため、自衛隊法に基づき、現地に自衛隊機を派遣する方針を固めた。23日に国家安全保障会議(NSC)を開いて正式決定し、同日中にも派遣する。

C2輸送機を使った邦人保護訓練(2018年12月、鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地で)
C2輸送機を使った邦人保護訓練(2018年12月、鳥取県境港市の航空自衛隊美保基地で)

 国際機関に勤務する邦人のほか、日本大使館などの現地スタッフのうち希望者が対象になる。すでに邦人職員は大使館から退避しているが、国際機関で働く邦人数十人がアフガン国内に残留しているという。

 政府関係者によると、航空自衛隊のC130輸送機など複数の輸送機の活用を検討している。アフガン国内から近隣国に輸送する方向だ。菅首相は22日、首相公邸で秋葉剛男国家安全保障局長や外務省の森健良、防衛省の島田和久両次官らと協議し、自衛隊機の派遣方針を確認した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2304909 0 政治 2021/08/22 21:31:00 2021/08/22 23:30:02 2021/08/22 23:30:02 C2輸送機に乗り込む邦人役の参加者()C2輸送機に乗り込む邦人役の参加者(境港市の航空自衛隊美保基地で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210822-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)