読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】医学部定員に感染症科・救急科の優先枠、23年度にも…専門医を育成

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスなど感染症流行に対応できる医師を増やすため、大学医学部の入学定員に感染症科や救急科の優先枠を創設する方針を決めた。感染流行時に中心的な役割を担う人材を育成する。27日の厚生労働省の有識者会議で案を示し、了承されれば2023年度入学者から適用する。

 感染症医は、コロナ禍や感染症の流行時に呼吸器や集中治療の担当医らと連携して患者対応にあたる。危険区域と安全区域を分ける「ゾーニング」や防護服の取り扱いの指導など、専門知識が求められる感染症対応の中心的な立場となる。

 しかし、医療機関での感染症医不足は深刻で、「主たる診療科」別の感染症内科医は、42の診療科別区分で38番目となる531人にとどまる。コロナ禍で専門外の医師も感染防止策などに追われているのが現状だ。

 地域による偏りも大きく、161人の東京都に対して、青森、福島、滋賀、山口県には1人もいない。

 こうしたことから、政府は大学医学部の23年度入学者から、感染症科を目指す学生を優先した定員枠を設ける。将来的に感染症流行時の医療現場の対応力を高め、感染症医が足りない地域での態勢強化を狙う。

残り:415文字/全文:907文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2309019 0 政治 2021/08/24 05:00:00 2021/08/24 07:57:43 2021/08/24 07:57:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210823-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)